アート・デザイン

しびれたぜ、バスキア!

バスキア展@森美術館 に行ってきました。好きなアーティストはバスキアですって言っておけばオシャレ、的な時代がその昔ありましたよね?故に食わず嫌いというか、斜に構えてしまい正当な評価をしていなかった気が…

続きを読む
つれづれ

利休忌で魯山人。

利休忌の茶会に師匠と参戦。東京美術倶楽部にて。利休忌とは、千利休の命日(旧暦の2月28日)に近い3月に行われる、いわゆる利休を偲ぶ会です。 この日は、席入りの順番の運が良く4番目、5番得の席で正客のお…

続きを読む
つれづれ

ひとやすみしてました。

さて、長いことこのBLOGのお休みをいただきました。3月の投稿は4本だけ、4~5月の投稿は0本でした。6月になってようやく書こうかなやっぱり辞めようかなと逡巡したあげく、ようやくえいやと書くことにしま…

続きを読む
食べたもの

モダンスカンジナビアン料理の「アクアヴィット」。北欧の風を感じちゃいますね。行ったことないですけど。

モダンスカンジナビアン料理の「アクアヴィット」さんに伺いました。 ニューヨークの本店はミシュラン二つ星だそうです。こちらの東京店もその格にふさわしい立地と設えです。LEXUSのショールームを横目に敷地…

続きを読む
アート・デザイン, 展覧会

森美術館が時代を読んだのか? N・S・ハルシャが時代に呼ばれたのか? N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅

N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅@森美術館 南インドの古都マイスール出身のアーティスト、N・S・ハルシャの展覧会に行ってきました。 N・S・ハルシャは、インドを代表する現代アーティストの一人でこの…

続きを読む
つれづれ

バレンタインデーはコスパがいい。

さて、バレンタインデーです。今年はゼロ個です。 はぁ……妻も、二人の娘すらも、くれませんでした。義理チョコすらありませんでした。 ――チョコなんてもらわなくても、愛さえそこにあれば構わない。 なんて言…

続きを読む
Oh ! 酒 !

天然酵母の力「花巴」

奈良県の美吉野酒造の「花巴 水もと純米 直汲みにごり生原酒」です。 酵母無添加という昔ながらの酒造りを実践しています。普通の酒造りでは、目指す酒質にあわせて酵母を添加します。フルーティで華やかな酒を目…

続きを読む
Oh ! 鮨 !

美しい味。鮨さいとう。

半年ぶりの鮨さいとうです。 鮨さいとうに来ることで自分の現在地の確認作業を行います。それは、味覚の確認作業ということではありません。ちょっと大げさにいうと五感の確認作業と言っていいかもしれません。 「…

続きを読む
食べたもの

草月の黒松とマニー・パッキャオ

東十条にある草月の「黒松」というどら焼きです。 妻の友人からのいただきものです。 このどら焼きは、東京三大どら焼きのひとつだそうです。 上野のうさぎや、浅草の亀十と並んで東京どら焼き界の巨頭の一角です…

続きを読む

POPULAR POSTS

ブラーのドキュメンタリー映画「NEW WORLD TOWERS」を観て、自分のアイデンティティについて考える。

ブリットポップという言葉は、いまどきのヤングの間で通用するのでしょうか?いまどきのヤングと言ってる時点でアウトかもしれません。 ブリットポップとは、90年代の英国のロックバンド隆盛のムーブメントのこと...

十四代と恋する四十代@とときち 新宿三丁目

日本酒に恋をしています。 愛してるでも、大好きでもなく、恋してる。 十四代の飲みながら、そう思いました。 このほんのり甘く爽やかで儚くも力強い味わいが、愛してるというには重すぎて、大好きというほど軽く...