つれづれ

利休忌で魯山人。

利休忌の茶会に師匠と参戦。東京美術倶楽部にて。利休忌とは、千利休の命日(旧暦の2月28日)に近い3月に行われる、いわゆる利休を偲ぶ会です。 この日は、席入りの順番の運が良く4番目、5番得の席で正客のお…

続きを読む
つれづれ

ひとやすみしてました。

さて、長いことこのBLOGのお休みをいただきました。3月の投稿は4本だけ、4~5月の投稿は0本でした。6月になってようやく書こうかなやっぱり辞めようかなと逡巡したあげく、ようやくえいやと書くことにしま…

続きを読む
食べたもの

モダンスカンジナビアン料理の「アクアヴィット」。北欧の風を感じちゃいますね。行ったことないですけど。

モダンスカンジナビアン料理の「アクアヴィット」さんに伺いました。 ニューヨークの本店はミシュラン二つ星だそうです。こちらの東京店もその格にふさわしい立地と設えです。LEXUSのショールームを横目に敷地…

続きを読む
アート・デザイン, 展覧会

森美術館が時代を読んだのか? N・S・ハルシャが時代に呼ばれたのか? N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅

N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅@森美術館 南インドの古都マイスール出身のアーティスト、N・S・ハルシャの展覧会に行ってきました。 N・S・ハルシャは、インドを代表する現代アーティストの一人でこの…

続きを読む
つれづれ

バレンタインデーはコスパがいい。

さて、バレンタインデーです。今年はゼロ個です。 はぁ……妻も、二人の娘すらも、くれませんでした。義理チョコすらありませんでした。 ――チョコなんてもらわなくても、愛さえそこにあれば構わない。 なんて言…

続きを読む
Oh ! 酒 !

天然酵母の力「花巴」

奈良県の美吉野酒造の「花巴 水もと純米 直汲みにごり生原酒」です。 酵母無添加という昔ながらの酒造りを実践しています。普通の酒造りでは、目指す酒質にあわせて酵母を添加します。フルーティで華やかな酒を目…

続きを読む
Oh ! 鮨 !

美しい味。鮨さいとう。

半年ぶりの鮨さいとうです。 鮨さいとうに来ることで自分の現在地の確認作業を行います。それは、味覚の確認作業ということではありません。ちょっと大げさにいうと五感の確認作業と言っていいかもしれません。 「…

続きを読む
食べたもの

草月の黒松とマニー・パッキャオ

東十条にある草月の「黒松」というどら焼きです。 妻の友人からのいただきものです。 このどら焼きは、東京三大どら焼きのひとつだそうです。 上野のうさぎや、浅草の亀十と並んで東京どら焼き界の巨頭の一角です…

続きを読む
Oh ! 酒 !

新年の酒。立春朝搾り「天青」。

二月四日です。立春です。旧暦では、今日がお正月。一年のはじまりです。前日に豆まきをして、邪気をはらって新年を迎える日です。 今日は神社で厄払いのお祓いもしていただきました。 さて、この日のためのお酒が…

続きを読む

POPULAR POSTS

謎の発疹

朝起きると肩甲骨の下あたりに謎の発疹ができていた。 赤い内出血の跡の様なものが、キレイに整列している。 きちんと整列している発疹というのは、これはこれで気持ちが悪いものだ。 それにしてもいったいこれは...

楽茶碗「無一物」とダーティーハリー

頴川美術館の名品 展@松涛美術館 兵庫県の頴川(せがわ)美術館蔵の赤楽茶碗「無一物」が、渋谷区にやってきました。なんでも東京に来るのは30年ぶりだそうなので、これは肉眼で見て、しっかりとまぶたの裏に焼...